行政書士の教材の真実

市販されている行政書士の教材を購入するに当たり、
はじめに覚えていて欲しい事があります。
それは、その教材に期待しすぎないということです。

期待しすぎないというのは、その教材の知識を覚えれば合格できるとか、
その教材は非常に良い教材だとかです。

基本的に市販されている教材の目的は、知名度を上げ、予備校に通学してもらうか、
何かの教材を販売するための宣伝です。
その教材であなたを合格させるものではありません。
というよりも、独学で合格するのが難しいとわかっているから教材を発行するのです。

少し考えてもらえばわかると思いますが、学校というのは受講してもらって、はじめて利益が出来ます。
それなのにわざわざ2~3千円の教材で合格できる情報を全て紹介するわけはありません。
しかも、資格系の教材はそれほど売れないので、印税も少なく、
ページ数や文字数に制限があるので、書けることに限界があります。

もし、市販の教材だけで多くの方が合格したのなら、会社経営が成り立たなくなります。

このように言うと驚かれる方もいると思いますが、それが現実です。

ですので、行政書士の教材を購入して、わからないことや載っていないことがあれば、
別の教材を購入して補うくらいの気持ちでいて下さい。

また、独学で一番のメリットは、お金があまり必要ないことといわれていますが、
実際は様々な教材を購入しなければいけないので、結構もお金もかかります。

このような事もあり、独学で勉強して行政書士に合格するのが難しいと言う理由の一つにもなります。

ですから、行政書士を独学で勉強する方は、ここで説明した事も含め、
デメリットをしっかりと把握してから始めて下さい。

行政書士を独学で合格するのは、非常に大変なことです。