行政書士試験合格率の平均は6~8%ライン

行政書士試験の合格率については、一般財団法人行政書士試験研究センターのホームページ内「試験結果分析資料」に、最近10年間の試験結果の推移としてまとめてあります。
http://gyosei-shiken.or.jp/bunseki/bunseki_suii.html

例年合格ラインが一定である反面、合格率のアップダウンが顕著な行政書士試験。
平成18年度から27年度について、その率は4%台~13%台の間で変動していることになり、一概に行政書士試験の合格率からこの試験の難易について語ることができません。

1a46fcfe52fbfdf6b114dc726a6333dd_s

【意外と多い、「記念受験組」】

平均としては6~8%程度の行政書士試験合格率。
ですが、この数字を鵜呑みにするのは少々間違っていると言わざるを得ません。
というのも、現状、行政書士試験には受験資格の設定がなく、誰でも挑戦できる試験となっています。
よって、ろくに試験対策もせず、「ただ何となく」で挑む受験生が、他士業資格と比較してずいぶん多いのです。

本サイトを訪れている皆さんであれば、おそらく行政書士試験について十分に情報を得て、できる限りの対策をして、という方が大半だと思います。
そのため、皆さんの感覚でいえば到底信じられないようなレベルで本試験日を迎える受験生が意外と多くいる、と考えてください。
仮に、こうした「記念受験組」が姿を消し、真面目に行政書士試験に合格したい受験生のみでの合格率を考えたとするならば、その数字はもっと高くなるはずです。


【行政書士試験の合格率は決して怖くない!】

現状、行政書士試験の低い合格率にビビッている方がいれば、ぜひその恐れを捨てていただきたいと思います。
確かに、行政書士試験は通常、合格率一桁台の狭き門ではあります。
しかしながら、合格基準点は毎年一定のラインですから、ライバルの状況に左右されることはありません。

自分自身が合格ラインを超えられるか、これが行政書士試験のすべてです。低い合格率に、必要以上に恐れを感じることはありません!