初学者、独学なら勉強時間の目安は1000時間!!

ところで、これから行政書士試験合格を目指す皆さんは、勉強時間をどの程度想定されているでしょうか?

8012c9c117c4dafcac4e925aaf43f9f7_s

この感覚は、おそらく個人によって大きく変わってくるものと思います。
すでに法律の知識があれば「+α」の学習で済むでしょうし、一方で、初めて法律を学ぶ方であればそれなりにじっくり、腰を据えて臨む必要があります。
おそらく、本サイトを訪れた皆さんの大半は“ゼロからの法律学習”となるでしょうから、ここでは「初学者」のケースを想定して考えてみたいと思います。


【独学なら必要な勉強時間は1000時間超】

一般的に、初めて法律を学ぶ人で行政書士試験に独学で挑戦する受験生に必要な勉強時間は、タイトルの通り「1,000時間」が目安 と言われています。

いかがでしょうか?ちょっと、見積もっていたよりも多いでしょうか?

この数字の裏付けとしては、行政書士の膨大な試験範囲を把握していただければ一目瞭然。
民法ひとつとってもあのボリュームですから、それが複数の法令となれば、もはやいうまでもありませんね。
もっとも、法律を初めて学ぶ方であれば、法特有の読み解き方に慣れるまでにも時間を要するはずです。
ここで挙げた「行政書士試験対策の勉強時間の目安」以上に、「独学という非効率的な学習の挑戦するのか」といった点に不安が感じられるのではないでしょうか?


【行政書士試験対策講座の活用で勉強時間はぐんと減らせる】

もしも皆さんがイチから法律を学ぶのであれば、しっかりと効率を重視した試験対策を心がけなければ、合格圏内に入ることは難しいでしょう。
独学の場合、どうしても正しく知識を習得できるまでに遠回りしたり、自力で疑問を解消できない等の困難が生じたりと、受験対策の過程ではトラブルがつきものです。
効率の良い学習ができないことでやる気が起きず挫折、といった話はよく耳にします。
そうならないためにも、やはり対策講座の活用は必要なのです。

専門の行政書士試験対策講座を使うとどう変わるか、その答えは「勉強時間を少なく抑えられる」ことにあります。
通信教育フォーサイトの公式ホームページによれば、

“独学では1,000時間が目安。ですが、フォーサイトのカリキュラムは、約半分の時間で合格を目指しています!”

とのこと。
勉強時間が半分で良いなんて、何とも心強いですね!
もちろん、その他の通学・通信講座を活用しても同様です。
カリキュラムを見る限り、1000時間という学習時間を要する講座はどこにも見当たりません。

行政書士試験合格は、人生においてはあくまで過程であり、ゴールではありません。
ならば、一日も早くこの関門を突破して、資格取得後の日々を充実させる方向で考えられてみてはいかがでしょうか?
勉強時間は、少なく済むならそれに越したことはないのです。