行政書士の勉強法の基礎

どのような行政書士の勉強をするにせよ、必ず抑えなければいけないポイントがあります。 このページでは、行政書士勉強法のポイントを抑えてもらいます。 ここを理解しなければ、どんなに勉強しても効率的に実力が伸びません。

第1章 基礎知識編
●テキストに目を通し、全体像を把握する
この勉強をする事で、後々知識が覚えやすくなる
●各章ごとに知識をしっかりと覚える
テキストを読んだり講義を視聴したりするだけでなく、基礎問題も解きながらアウトプットすることで、
より確実に知識が覚えられます。
●最後に全科目復習する
基礎問題を解いて見て、わからなければテキストや講義で復習する

第2章 過去問編
●テキストや講義で確認しながら一問ずつ解く
この段階では解けない問題が多いので、無理をして解こうとしないで、
講義やテキストを使い復習も兼ねて問題を解く
●時間を意識しながら、全問題何も見ないで解く
一問解くスピードを速めるため、時間を意識しながら問題を解きます。
この勉強は非常に重要なので、必ず行なって下さい。
●復習
今まで解いた過去問で苦手分野や苦手な問題があれば、そこを復習して下さい。

第3章 仕上げ編
●摸擬試験かオリジナル問題集を解く
摸擬試験やオリジナル問題集は、今まで勉強した総合的な問題が出るので、
自分の得意不得意がはっきり出てきます。
尚、摸擬試験を受けるなら予備校の主催しているもので、
オリジナル問題集は、書店や通信教育のものを使います。
●苦手分野を復習
摸擬試験やオリジナル問題集を解けば自分の弱点がわかるので、
試験までの残り期間は苦手分野の復習に徹します。

以上のような流れで行政書士の勉強をして下さい。
ここで紹介したことは基本なので、物凄く重要です。