行政書士の試験科目のポイントその3

一般知識の学習ポイント
■文章理解
文章理解は、「短文の並び替え」「穴埋め」「語句の組み合わせ」などの問題が出題されます。
一見面倒くさそうな科目に感じますが、過去問を何度も解いて解法パターンを理解すれば、
得点源になる科目なので、しっかりと勉強して下さい。
問題のレベルとしては、初級公務員試験の文章理解とほぼ同等なので、
手持ちの過去問の問題数が少ないと不安なら、初級公務員試験の問題集を購入して勉強して下さい。

■政治・経済・社会
この科目は出題範囲が多岐にわたり、まともに勉強してはきりがありません。
そのため出題範囲を絞って勉強する必要があります。
ポイントは、国際社会、政治、社会保障、社会経済から毎年出題されていますので、
自分が得意そうな分野をいくつかピックアップして勉強して下さい。
一般的な高校レベルの問題なので、初級公務員試験の問題を解けばかなり力が付きます。

■情報通信・個人情報保護
特定したテキストがほとんどないので、学習しにくい科目です。
この科目は、時事問題が多いので、ニュースや新聞をチェックするクセを付けて、
時事問題集を購入して勉強すれば良いでしょう!
得意不得意は分かれますが、一般的な世間の情勢を把握していれば、得点できる科目です。

以上が法令科目と一般知識の学習ポイントです。

今の段階では何の事だかわからないと思いますが、学習を続けていけば、
いずれ理解できるようになります。
はじめは難しく考える必要はないので、まずは何となくイメージを持つようにして下さい。
そうすれば、学習の理解も早くなります。