行政書士の末期の勉強法の秘訣(弱点をつぶすための講座!)

行政書士の勉強法を語る人が増えているようです。行政書士が人気資格になっていることのいい証拠になるかもしれませんね。
実際に行政書士の勉強をして合格した経験を持つ人が勉強法を語る場合、それなりに共通点は出てくるものです。
しかし、なかなか指摘する人がいないポイントもあります。そのひとつに「単科の講座の利用」がありますね。

この勉強法は、試験が迫ってきた後半戦に特に取り入れてほしい方法です。
この時期になると、弱点を克服する努力をしないといけませんが、行政書士の受験科目の中で「たくさんの受験者が苦しむ科目」となると、ある程度決まってきます。
そのため、よく受験者が点を取れなくて苦労する科目について、集中的に指導する講座が開講されることがあります。しかも、試験日が迫ってきたころを見計らって開講されるケースが目立ちます。
通学講座にしても通信講座にしても、単科であれば時間的・費用的な負担はかなり少なくて済みますから、どんな受験者にもおすすめできる勉強法です(単科であるため、数千円~1万数千円くらいの価格で開講されることがほとんどのようです)。

特に、模擬試験が終わったらその結果を振り返って、必要が感じられたらすぐに単科講座を申し込むくらいのことをしたほうがいいでしょう。
模試の結果は深刻にとらえすぎる必要はありませんが、点数を取れなかったところを徹底的に対策すればそれでじゅうぶんです。
単科講座は、そのためにすごく役に立ってくれることが多いですね。

NEXT>>試験概要