行政書士の試験概要

受験資格 受験資格は特になし 試験日 毎年11月第2日曜日 試験時間 午後1時~午後4時 試験科目 ●法令科目(出題数46題・244点満点) ・憲法、民法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政

行政書士の試験科目のポイントその3

文章理解 文章理解は、「短文の並び替え」「穴埋め」「語句の組み合わせ」などの問題が出題されます。 一見面倒くさそうな科目に感じますが、過去問を何度も解いて解法パターンを理解すれば、得点源になる科目なので、しっかりと勉強し … 続きを読む 行政書士の試験科目のポイントその3

行政書士の試験科目のポイントその2

憲法 憲法は判例と条文の理解が重要です。 特に人権は判例中心で、条文は国会、内閣、裁判所が中心です。しかし、判例の問題も基本は条文なので、結局のところ条文の学習も必要になります。また、憲法の条文はそれほど多いわけではあり … 続きを読む 行政書士の試験科目のポイントその2

行政書士の試験科目のポイントその1

行政法 行政法は、行政救済法と行政手続法、情報公開法が中心で、判例と条文を勉強すれば十分に点数の取れる科目です。 それぞれ簡単に説明すると、まず、行政救済法ですが、もともと条文が少ない分野になるので、出題範囲はそれほど広 … 続きを読む 行政書士の試験科目のポイントその1