帰宅後の資格の勉強は挫折の元

86月 - による wpadmin - 0 - 勉強法について

仕事が終わってからゆっくり行政書士の勉強しよう!?


社会人が資格の勉強をする場合、会社帰りの帰宅後に勉強しようと考える傾向が多いようです。社会人は、日中は仕事があって、時間が制約されるので、仕事が終わったあとの自由な時間である夜を、勉強に充てようと思うわけです。友達と呑みに行くとか、遊びに行くとか、そういうときに仕事後の時間を充てるのは何の問題もありません。

でも、仕事後の時間を勉強に充てようとすると、挫折する危険性が高いので絶対にやめておきましょう。

行政書士のテキストを読むには多大なエネルギーがいる



確かに、夜に家に帰ってからなら、あとは寝るだけだし、勉強するには最適な時間帯のように思えます。でもちょっと思い出してみてください。仕事から帰ってきた後のあなたは、どのくらいエネルギーが残ってますか?

行政書士は法律的な専門知識を問う資格です。あなたに法律知識が全くない場合、今まで目にしたことがないような難しい専門用語が満載のテキストを読むのには、とても多くのエネルギーが必要なはずです。

疲れて会社から帰って来てから、そんな難解なテキストを読むことができますか? 問題解けますか? ムリですよね。最初はがんばれても、数日経てば「今日はまあ、いいか・・・疲れてるし、難しいし・・・」となるはずです。

帰宅後に勉強してはいけない



私の経験から言っても、仕事からの帰宅後に行政書士の勉強をしようと思っても、まず続きません。帰宅後に勉強してはいません。