行政書士の教材の真実

市販されている行政書士の教材を購入するに当たり、はじめに覚えていて欲しい事があります。
それは、その教材に期待しすぎないということです。

期待しすぎないというのは、その教材の知識を覚えれば合格できるとか、 その教材は非常に良い教材だとかです。
基本的に市販されている教材の目的は、知名度を上げ、予備校に通学してもらうか、何かの教材を販売するための宣伝です。

その教材であなたを合格させるものではありません。
というよりも、独学で合格するのが難しいとわかっているから教材を発行するのです。

少し考えてもらえばわかると思いますが、学校というのは受講してもらって、はじめて利益が出来ます。
それなのにわざわざ2~3千円の教材で合格できる情報を全て紹介するわけはありません。
しかも、資格系の教材はそれほど売れないので、印税も少なく、ページ数や文字数に制限があるので、書けることに限界があります。

もし、市販の教材だけで多くの方が合格したのなら、会社経営が成り立たなくなります。
このように言うと驚かれる方もいると思いますが、それが現実です。

ですので、行政書士の教材を購入して、わからないことや載っていないことがあれば、別の教材を購入して補うくらいの気持ちでいて下さい。
また、独学で一番のメリットは、お金があまり必要ないことといわれていますが、実際は様々な教材を購入しなければいけないので、結構もお金もかかります。

このような事もあり、独学で勉強して行政書士に合格するのが難しいと言う理由の一つにもなります。
ですから、行政書士を独学で勉強する方は、ここで説明した事も含め、デメリットをしっかりと把握してから始めて下さい。
行政書士を独学で合格するのは、非常に大変なことです。

行政書士の教材選びのコツ

行政書士を独学で勉強すると決めたら、市販の教材を購入する必要があります。
ただ、一概に市販の教材といっても、色々あり何を基準に選べば良いかわからないと思います。
そこで、ここでは行政書士の教材選びのコツを紹介していきます。
尚、大手ショッピングサイトや各サイトにそれぞれの教材の口コミが出ていますが、あまり当てにしないで下さい。

あくまでも、口コミと言うのは個人の感想で、しかも信憑性も微妙です。
教材と言うのは絶対に相性がありますから、大勢の人が良いと言っても、あなたにとって良いとは限りません。
それは断言できます。

それでは行政書士の教材選びのコツを紹介していきます。

テキストについて

  • 基礎中心のもの購入する
  • 2色刷りのもの購入する
  • 図表化されているものを購入する

行政書士のテキスト選びで最も重要なのは、基礎中心のものを選ぶ事です。
というのも、はじめて行政書士の勉強をする方で一番多いのは挫折で、その挫折する理由の一つが、勉強がわからなくなることです。

それにも関わらず、はじめから、情報量満載の分厚いテキストを購入してしまうと、覚える事が多く、難しい表現を沢山出てくるので、まず挫折してしまいます。
しかし、基礎中心のテキストなら、覚える事もそれほど多くありませんし、易しい表現を沢山使っているので、勉強するモチベーションが下がりません。

そして、そのようなテキストで基礎知識を身に付けてから、情報量が多いテキストを購入すれば良いのです。
次に2色刷りにされているものですが、2色刷りにするとコストがかかるので、売れる自信のあるテキストという証明で、それなりに力を入れて作っています。
また、2色ずりにすることで、見やすくもなります。

最後に図表化されていれば、文字中心のテキストに比べ、理解するのが早く、勉強時間も削減できます。

問題集(過去問)

  • 過去10年分掲載されているもの
  • 解説がわかりやすいもの

まず問題集は、最低でも10年分の過去問を掲載されているものが必要です。
何故なら、10年分くらいの問題を解かないと、本試験の出題傾向、出題レベル、出題範囲を把握出来ないからです。

逆に10年分の過去問を攻略できれば、本試験で合格できる力が付くとも言えます。
次に解説がわかりやすい物ですが、独学の場合、教えてくれる人がいないので、解説がわかりにくければ、その問題が解けないことになります。

問題が解けなれば、勉強する意味がありません。
以上が行政書士の教材選びのコツです。
そして、何より、これら全てに共通するのが、必ず自分の目で確かめて購入すると言う事です。

間違っても人の意見を全て鵜呑みにして購入することはやめて下さい。
冒頭で説明したように教材には相性があり、それを確かめる一番確実な方法は、自分の目で確かめる事です。

行政書士を独学で勉強する方へ

行政書士の勉強法は大きく分けて、3つあります。
「独学」「通信教育」「予備校への通学」です。
ここでは独学について解説していきます。

はじめに申し上げると、行政書士は知識がない方が独学で勉強する試験ではないので、無理をしなければいけなくなります。
無理と言うのは、より多くの勉強時間や勉強量が必要になるということです。
行政書士の勉強をする方は、社会人が多く、それほど勉強時間をとれるわけではないので、 何処かで時間を作る必要があります。

例えば、テレビを見る時間、お酒を飲む時間、趣味の時間、ボーっとしている時間などです。
そうした時間を削り勉強していかなければいけないので、精神的にも肉体的にも無理が出てきます。
それじゃなくても、行政書士は多くの勉強時間が必要なので、余計に負担が大きくなるのです。
そして、そうした事を1年くらいは我慢しなければいけないので、大抵の方は挫折していきます。

それが行政書士を独学で勉強した場合の現実です。
しかし、そんなことは当たり前なのです。

通信教育や予備校を受講する方は、お金というリスク払い、その分効率的に勉強する事が出来ます。
対して、独学はお金を使わない分、時間と言うリスクと合格できる確率が低くなるというリスクを背負わなければいけません。
多くの方はそうした現実を理解していないので、何となく独学で勉強するから試験に合格出来ないのです。
ここで考えてほしいのですが、行政書士は合格率ほど難易度が高くない試験と言っても、10人受験して1人も合格出来ません。

それを市販されている教材を購入し、何となく勉強しても合格できないことは明らかです。
その当たり前の事をしっかりと考えて、独学で勉強するのか決め手ほしいと思います。
後は、あなたがどう考えるかです。

1年以上辛い思いをして勉強してでも独学を選ぶのか、多少お金を使ってでも短期間の勉強で合格を目指すのかです。
ただ、個人的な意見を言うと、仕事をしてストレスがある社会人が、仕事から帰ってきて、辛い勉強を1年以上もするのは並大抵の覚悟では難しいと思います。

NEXT>>教材選びのコツ