行政書士の難易度から勉強法を検討その2

ここでは別の角度から行政書士の難易度を解説していきたいと思います。
まずは、行政書士の試験科目を見て下さい。

法令科目

  • 憲法
  • 行政法
  • 民法
  • 商法
  • 基礎法学

一般知識

  • 政治・経済・社会
  • 情報通信・個人情報保護
  • 文章理解
  • 試験科目の詳しい解説は後ほど行ないますが、ここでは試験科目から、何故行政書士は難易度が高いのか解説します。
    まず、ご覧の通り、試験科目が多いと言うことです。

    法令科目と一般知識があわせれば、全部で8科目になり、その分勉強量と勉強時間が必要になります。
    特に法令科目の民法は、司法試験や司法書士にも加わる科目で、難易度や出題範囲の広さは、独学で攻略するのは非常に困難です。

    この民法が理解できず挫折する方も少なくありません。
    また、一般知識に関しても、これと言って出題範囲が決められているわけではないので、問題演習をやりながら、毎年どういった分野が出題されるのが分析することも必要です。

    つまり、知識がまったくない方は、各科目が難しく、出題範囲が広いので行政書士は難易度が高いと言われているのです。
    しかし、行政書士試験には攻略法があります。

    これも詳しくは後々お話しますが、力を入れる科目とそうでない科目を見極める事が出来れば、勉強量を少なくする事が出来ます。
    全科目まともに勉強しようと思えば大変ですが、試験の特性を理解していれば、十分に攻略する事ができます。

    多くの方はそこを知らずに闇雲に勉強するので、挫折してしまうのです。
    行政書士に合格するために、試験攻略のポイントを理解し、正しい勉強を継続する事です。

    NEXT>>独学で勉強する方へ