はじめから完璧に覚えようとしない

行政書士の勉強をしていると必ずわからないことが出てきます。
特に独学の場合、講義も視聴できませんし、教えてくれる人もいません。
そこで必要になる考えは、無理に覚えようとしないことです。

行政書士の勉強をして怖いのが、一つの知識を理解しないと先へ進まず、足止めしてしまうことです。
そして、わからないことが多くなれば勉強が嫌になり、挫折していくのです。

もちろん、人にはそれぞれ性格があり、今のことを解決しなければ先へ進むのを嫌がる人がいます。
確かにそうした事が悪いとは言いませんが、そのせいで学習が進まなければいつになっても合格出来ません。
それにはじめから完璧に覚えられる人はいませんし、今はわからなくても、様々な知識を覚えていく内にいずれわかるようになってきます。

重要なのは、まず行政書士の全体像を把握し、完璧に覚えようとするのはその後で構いません。
また、完璧に覚えようとする人は行政書士に不合格になるケースが多いのも特徴です。

例えば、ほとんど出題されないような問題も勉強したり、あれもこれも様々な勉強に手をつけたりする方です。
今の行政書士は難易度の高い試験なので、とてもじゃありませんが、すべて勉強しようとすれば、普通の会社員なら5年以上は必要になります。
というよりも勉強しきれません。

行政書士に合格するためには、出題頻度の高い分野を徹底的に勉強し、逆に出題頻度の低い分野はそれほど勉強する必要はないのです。
効率的に勉強していかないと、行政書士合格は難しいと思います。
資格試験は、試験に合格する事が目的で知識を完璧に覚える事ではありません。

完璧に覚えようとして良いのは、本当に勉強ができる極一部の人だけです。
普通の学力がない方が、完璧に覚えようと思うこと自体間違えなのです。