行政書士の通信教育勉強法

行政書士のもう一つの勉強法に通信教育があります。
他にも予備校がありますが、行政書士は忙しい社会人が多いので、現実的に難しいと思います。
ですので、このサイトでは、通信教育について話をしていきます。

まず、通信教育のメリットに

  • 自宅でも講義が視聴できる
  • 予備校に比べ価格が安い
  • 出題ポイントがわかる
  • わからない事があれば教えてくれる
  • 教材一式揃えてくれる

などがあります。
つまり、あなたがしっかりと勉強すれば、行政書士に合格できる環境を整えられるということです。

これが独学なら、様々な教材を購入し、わからないことは自分で調べる必要があるので、手間と時間がかかります。
そして何より、講義が付いていないので、学習の理解速度がかなり遅くなります。
もちろん、通信教育にも欠点はあります。

それは受講してみないとその通信教育との相性がわからないということです。
これは予備校に言えることですが、誰にでも相性があり、相性の悪い通信教育を受講しても、モチベーションが上がりません。
例えば、「この講師の講義がわかりにくい」「テキストの情報量が足りない」など人によって色々あります。

そのようなことは実際に受講しなければわからないので、一か八か的な要素もあります。
しかし、一つだけ言えるのは、相性が多少悪くても、しっかりとした通信教育を受講すれば、合格できる力は身に付きます。

相性と言うのは、結局のところ気持ちの問題なので、受講した通信教育を信じて勉強すれば、克服する事が出来ます。
後は質の高い通信教育を見極めることができるかです。
そこで、次のページでは質の高い通信教育に共通するポイントを紹介していきます。